Press "Enter" to skip to content

上司としてのスキルとは!?新任上司のための外部研修

新たに上司になる人のための社外研修

企業で働いていると4月に昇進昇格をする人がいます。新たに役職がついて部下を持つようになる人も出てきます。初めて部下を持つようになった管理職に対して、企業としては研修を実施することがあります。上司になると自分の仕事を遂行するのは当然のこと、新たに部下のマネジメントが上司の仕事になるために、そのノウハウを教えるための研修が必要になります。社内でも多くの管理職がありますが、彼らを講師として研修をおこなうとその管理職のマネジメント手法に特化した研修内容になるため、多くの企業ではその講師を外部に求めることが多いです。人気の研修は毎年のように実施しており、その口コミもインターネットや企業間交流では話になるために直ぐに見つけることができます。

上司として判断をする必要があること

時期的に多くの企業が昇進昇格の人事をおこなうために、外部の研修機関もそのような新たに管理職になった人に対する研修を実施します。研修内容の概要としては部下のマネジメントの仕方がメインになります。今まで自分が上司に対しておこなっていた報告、連絡、相談といったことを部下にどのようにしてもらうかが重要になります。情報が部下から上がってくるような流れを作る、それに対して上司としてのコメントを加えたりアドバイスを与えたりします。それまでは相談して上司に意見を聞いたりしていた立場から、部下から相談されてそれに対して上司としての判断を求められる立場になります。そこで的確な判断ができるかどうかが部下に慕われるか否かの分岐点になります。新任の上司としてはそのようなポイントを外部研修において身につける必要があります。

管理職研修とは、社員研修を始める時に一番最初に手を付けるべき重要なことです。実施したいテーマが細分化しているのが特徴です。