Press "Enter" to skip to content

いろんな形の研修制度に目を向けてみましょう

新人社員研修のシステム

会社の新人社員研修というものは昔からあるものなのですが、その効果は個人差があり完全なものではありません。
一度に多くの人数を採用する大手の企業ではコストをかけて教育するのですが、それが全員にとってプラスになることかはいちがいには言えません。全ての研修制度が完全なわけではないのです。
そこの部分を補うのが新人よりも経験がある上司の役目です。長所や短所はそれぞれ異なるのでそこにしっかりと目を向けて指導するのが優れた上司と言えるでしょう。研修に全てを任せるのではなくて力を合わせて研修とつきあっていくべきです。

研修で学ぶものを考える

研修は会社や学校などで日々開催されているものだが、ほとんどが講師が一方的に話すケースが多いです。そのような形だと受講者が受け身となってしまい実力や能力につながるケースは少ないです。受講者からの発信をすることによって講師にも新しい発見があります。受講者がお金を払い話を聞いただけで満足するのはおかしいと思います。なので受講者がみずから動いて、考えるようにうながす研修の内容が望ましいと言えます。
直接的な意見が届かない場合は講演後のアンケートなどに質問や要望を書きこみましょう。多少厳しくても貴重な意見としてとらえてくれるでしょう。
研修で聞いた内容も鵜呑みにするのではなく、一度自分の中でしっかりと考えることが大事です。それを生かすことも自分次第です。
自分の中で整理することによって新たに見えてくることがあります。

入社すると、かならず社員研修があります。会社の概要などことこまかいことを学びます。また年数回の研修が組み込まれていることもあります。仕事に対するモチベーションアップのきっかけになること多いです。