Press "Enter" to skip to content

倉庫はスペースの使い方が要!将来はロボットが仕事をする?!

必要な商品の管理をしている

必要なものというのはいくらあっても足りません。だからこそ必要なものは大量に生産されるのです。大量に生産されたものには管理する場所も必要になりますが、それを保管するためには、広大な敷地なり高さなりが必要になってきます。倉庫には大量の在庫を保管するための広いスペースや十分な高さが確保されています。敷地の広さがない場合は、二階、三階と階層を利用することでスペースを作り出すことができます。階ごとに管理すれば、たくさんの在庫を保管することができます。

高く積むことで起こるリスク

スペースのない敷地では高く積むしかありません。天井などないところでどこまでも高く積んでもいいというなら、それだけ多くの物を置くことができます。しかし物を高く積めば積むほど、不安定な状態になりますよね。大きな地震が来ないという保証はありませんし、何かの拍子でバランスを崩して落ちてしまうことも考えられます。高い天井を持つ倉庫でも、ネステナーを使用して安全が確保できるレイアウトを組むようにするべきでしょう。

物流倉庫の最新事情!

科学の発達は機械の発達とも言えます。全ての作業を機械で行えたら、人間は何もやることがありません。過去の時代に比べれば、現在の機械は相当な進歩を遂げています。倉庫でも科学の発達により、自動でピッチングするマシンが開発されています。ロケーションの数字を入力することによって、その信号を受けた機械が自動的に商品をピッキングしてくれる… そういうシステムもどんどん導入されています。もっと先の将来では、きっと倉庫で働くのはロボットだけかもしれません。人間の作業員は、ロボットをメンテナンスするだけの仕事になるでしょう。

物流とは、読んで字のごとく、物が流れるということ、すなわち、物を出発地から到着地まで運ぶという意味です。