Press "Enter" to skip to content

採用試験で行われる適性検査の内容は知っておくことです

適正検査で落とされても落ち込む必要はありません

採用試験として適正検査が含まれておれば、どのような検査なのかを知っておく必要があります。適正検査の実施は、多くは一次試験の絞り込みに使用されることが多いのです。応募者数が多いと、段階的に人数を減らしていかなければ最終面接に間に合いません。学力や能力を調べるための試験だけでは、自社の適性にマッチしているとは限りません。本人の性格や職業に対する適性を知る必要があるのです。例えば、店長の人材を求めて採用するのであれば、リーダーシップのある人材でなければ学力があっても難しいのです。一次審査で外す人材を発見する、一つの方法として適正検査があるのです。従って、適性で落とされても落ち込むことはありません。

適正検査の種類はたくさんあるのです

適正検査はどこでも同じかといえば違います。同じような問題用紙であっても、全く違うと考えることです。企業が採用試験として行う適正検査は、正確な試験名を知る努力が必要になります。定期的に採用を行っている会社であれば、先輩や学校の就職課に問い合わせれば教えてくれるでしょう。分からなければ、直接会社の人事担当者に聞くことです。何故かといえば、適正検査は学力や能力を数値化したものではありません。しかし、時間の制限があるために、何を問いかけているのかを知っておかなければ、時間内に本人の考えを選択することができない試験もあるのです。心理学の試験が多く、日本では30種類ほどありますから、試験会場で初めて見ても戸惑わないように対策をしておくことです。

適性検査は就職試験などでよく使われるもので、学力や性格などの参考になるものです。これによってその職業への適性を見極められたりもします。