Press "Enter" to skip to content

電話営業を外注するならテレアポ代行が便利

中小企業ならかなり便利に使える

自社のサービスあるいは商品について電話での売り込みをかけて行きたい時には、中小企業の場合それ専用の部署を新設するのはコスト的に難しい場合があります。そんな時に役に立つのがテレアポ代行です。テレアポ代行ならば成功報酬型なので、アポをとってもらった分だけお金を払えば行くでも取ってきてもらえます。自分の会社のサービスをより多くの人々に知ってもらいたくなった時には、テレアポ代行を活用すればどんどん業績を伸ばしていけます。

代行する人はプロだから安心

テレアポ代行のアポイント業務に従事しているのはプロなので安心して任せられます。セールストークの進め方や、お客さんに対して失礼のないように接することを基本としているので、商品を売り込む企業の名誉を傷つけることもありません。テレフォンアポイントを出来る人材が会社の中にいない場合にはベストなサービスですから、テレアポ代行に業務委託を考えましょう。

売り込むターゲットはある程度指定出来る

テレアポ代行では様々な顧客情報を持っているので、売り込む対象をどんな層にするのかを絞り込むことが出来ます。例えば若年者をターゲットとした商品やサービスを売り込む場合には、具体的な年代や性別なども指定できるので、効率よくセールスが行えます。これらの指定については発注段階で担当者との打ち合わせが必ずありますから、その際に売り込むところはどこなのかを教えるようにしましょう。テレアポ代行をうまく活用していけばこれから先の会社の業績もどんどん伸びていきます。

テレアポ代行サービスは、定額型と成果報酬型の2種類に分けられます。前者は成果に関係なくお金を支払う必要がありますが単価は安めです。後者は成果に応じてのみお金を支払うだけで良いので低リスクです。