Press "Enter" to skip to content

営業にコストを掛けない!必要な時に必要なだけ依頼する。

中小零細企業を救う営業代行

業種に限らず営業力があるかないで業績は大きく異なります。日本には製造加工のみを請け負う中小零細企業が多く、これらの企業では専属的に仕事が受注できるため営業をする機会が少なく、発注会社の業績が悪くなるとダイレクトに影響を受けることになります。そのため、専属的に仕事を受注している企業では、経営を安定化させるため営業力を高める必要があります。しかし、製造を志して入社する方は内向的な者が多く営業には不向き、新たな人材を入れて営業を行なわなくてはなりません。ヘッドハンティングするには多大な費用が継続に必要、新卒を採用しても製造加工のみを行ってきた企業では営業職を育てることは困難です。請け負い企業の場合は、継続して営業する必要もないため、短期間だけ営業してくれる営業代行が向いています。

互いの企業にとってWin-Win

営業代行業は様々な業種に対応しているため営業スタイルもバラエティー豊富、必要な期間、必要な人材だけを依頼することが出来るため経費を抑えることが可能です。製造加工のみを行っている企業には、営業を行うためのスペースがないことがありますが心配無用、営業代行会社など別の施設から営業を行うことも出来ます。営業代行会社が所有する施設を利用すれば、わざわざ営業のためにスペースを設けることがなく、電話やFAXなど備品の手配をする必要もありません。営業代行業にとって様々な分野の仕事を行うことは人脈を広げスキルも高められ、依頼企業にとっては営業ノウハウを得られるため、営業代行は互いの企業にとってWin-Win、ビジネスパートナーになり得る存在です。

営業代行サービスとは手数料を払い代わりに営業してくれることです、起業して営業のノウハウがない場合や、営業力が弱い企業など必要になります。また商品開発などに集中できることも魅力です。