Press "Enter" to skip to content

青色申告をすると様々な恩恵を受けることができる

青色申告をするための準備

個人事業主の方は、前年の1月~12月に得た収入を元に、翌年の2月中旬から3月中旬までに確定申告をして、税額を計算しなくてはいけません。青色申告で確定申告をするには、管轄の税務署に届出書が必要となります。まず開業してから1ヶ月以内に個人事業の開業届を、原則として2ヶ月以内に青色申告承認申請書の提出が必要となります。一度に2つの届け出を済ませるといいでしょう。家族や従業員を雇う場合には、青色事業専従者給与に関する届け出や、給与支払い事務所等の開設届出書も必要となります。前者は家族が従事した時から2ヶ月以内に、後者は家族や従業員を雇ってから1ヶ月以内となっていますが、これらも一緒に提出すると手間が省けるでしょう。給与の源泉所得税の支払いを年2回にしたい場合は、源泉所得税の納期の特例に関する申請書も提出する必要があります。

特別控除と純損失の繰り越しでお得に

青色申告では、帳簿付けが必須になります。複式簿記で帳簿を付けた場合は、65万円の特別控除が可能となり、単式簿記の場合は10万円にとどまります。複式簿記は経験がないと難しいですが、近年では、安価で操作がしやすい初心者向けの会計ソフトが販売され、帳簿付けから申告に必要な書類の作成もできるので、簿記の経験がなくても利用して、申告している方も多いです。また、青色申告を申請すれば、純損失があった場合に、次年度の申告以降3年間にわたって所得金額から繰り越しをして控除が可能になります。前年度も青色申告で損失が出た場合には、さらに繰り越しをして税金の還付を受けられるケースもあります。このような恩恵を受けられますので、確定申告は青色申告で行った方がいいと思われます。

収入が多い事業主は白色申告ではなく、青色申告をおすすめします。青色申告をするために、簿記の勉強する方法も、会計ソフトを使う方法も、外注する方法もあります。