Press "Enter" to skip to content

これだけでも安心!入社前の内定者フォロー

社会人になるための準備!

アルバイトはしていても、実際に企業に入り社員として働くとなると大変。学生生活のなかで、部活などで上下関係を学んできた内定者も多いですが、やはり社会人としてのマナーに対して不安をもっている内定者が多いのです。どうやって働けばいいか、自分がなぜ内定をもらえたか。内定者は期待以上に不安が多いです。入社前に、社会人としての基本的なマナーを少し知っているだけで、内定者はかなり安心します。挨拶や敬語の使い方、おじぎの仕方など、基本的な知識があるとそれだけで安心なのです。

会社のことをもっと詳しく知りたい!

面接を受ける就活の時点で、ある程度の企業研究はしているもの。しかし、実際入社してみると思っていた仕事内容と違ったと、理想とのギャップに早期退職を選んでしまう内定者も少なくありません。それなら、実際にどのような仕事をするか、そんな部署かあるかなどを知っておけば内定者も安心です。実際、内定者フォローとて内定者を社内見学としていろいろな部署を見学するという内容を取り入れている会社も多いです。

やっぱり気になる人間関係!

仕事をしていくうえで、人間関係は非常に重要。残念なことに、退職の理由の多くは「人間関係に問題があった」と挙げる方も少なくないのだとか。内定者は、自分も仲間に入ることができるか。どんな先輩、上司と仕事を進めていくのか。と不安でいっぱいです。さまざまな年代の方が一緒に働くからこそ、人間関係の悩みは学生時代より難しいですよね。入社前の内定者フォローとして、先輩との座談会を設けていたり、上司と話す機会を設けている会社も増えてきました。少しのふれあいでも、内定者は安心しますね。

社員教育とは会社の職員をマナーや常識をつけさせ、きちんとした対応ができるように指導することです。社会人として、大切なことです。